代謝と有機酸との関係へ

代謝と尿中の有機酸

中央エネルギー経路における有機酸

有機酸とは、細胞代謝の事実上のすべての経路となる中間化合物です。これらの化合物は、食事で摂取するタンパク質、脂肪、糖質等に由来するもので、エネルギーの生成、細胞の維持ならびに修復プロセスに携わっています。
身体が病気の症状を示し始めるまでに、細胞内では変化が生じており、正常な代謝に必要なたくさんの反応に異変が生じています。有機酸量の変化を通して、私達は細胞 レベルで何が起きているか、身体がどの程度正常に機能しているのか、自らの要求に対し身体がどれほど対応出来ているかを知ることが出来ます。
通常は、尿中に現れる化合物である有機酸はごく微量であり、この増加は、ビタミンやミネラルの欠乏、代謝不全、酵素機能不全、腸内細菌の過剰、環境毒素への曝露等を示している可能性があります。

関連する様々な健康状態

  • 体重増加
  • 消化不良
  • 腸管壁浸漏
  • 腹部膨満
  • 食物アレルギー
  • 自閉症
  • ADHD(多動性障害)
  • ストレス
  • 精神疾患
  • 環境毒素への曝露
  • 慢性疲労
  • 低血糖症
  • 衰弱
  • 甲状腺機能低下症
  • 手足の冷え
  • エネルギー不足